韓国人出会い情報navi

国際結婚の手続きについて

国際結婚と聞くと、何か夢のような素敵な世界を思い浮かべてしまいますが、やはり、日本で、日本人同士で結婚するのとは異なり、そう簡単なことではないようです。
国際結婚といっても、相手の国によって、また、結婚後にどちらの国に住むのか等で、ケースバイケースですが、書類を用意したり、書類を相手の国の言葉に翻訳しなければならなかったりと大変です。
自分でするには大変なので専門の代行業者に依頼したりする場合も多いようですが、そのための費用や時間がかかります。
当然相手の国での婚姻が成立したら、もう一方のほうの国にも婚姻を報告しなければなりません。
また自分の氏名や国籍、子供が産まれてからの国籍や教育の方法、国際結婚は色々、考えていくと大変そうな感じがしますよね。
手続きは大変ですが、結婚後は海外生活を謳歌できたり、異文化を学ぶことができます。
しかし、最近は国際結婚で問題もたくさん明るみにでています。
国際結婚をするとそれだけで永住権や居住査証取得ができますので、偽装結婚などの犯罪をニュースなどをたまに耳にします。
ですからより厳しくなり、ただでさえ煩雑な手続きをより厳正にしていく傾向があることは仕方のないことのような気がします。

国際結婚をする際の手続きですが、国際結婚をして、日本に住む場合と相手の国に住む場合、男性と女性や、当たり前ですが、相手の方の国によっても手続きが違ってきます。
例えばアメリカの場合、アメリカでは日本のような戸籍がないというのです。
しかも、州によっても手順などが違ってくるそうなので、注意しなければなりませんね。
まず結婚許可のマリッジライセンスを役所で取得しなければなりません。
申請にはパスポートや戸籍謄本や血液検査などが必要ですが州によっては待機時間が必要な時があるそうです。
それから、資格のある司式者(たとえば神父や裁判官)のもとで結婚式を行いマリッジライセンスに署名をもらいます。
それを期限内にマリッジライセンスを取得した役所に提出して婚姻を登録し、サーティフィケートコピーを発行してもらいます。
婚姻の登録には、パスポートや戸籍謄本を英訳した書類などが必要になります。
詳細はこれまた州によって異なるそうなので注意しなければなりません。
この手続きは本当の最初の段階のことです。
また、国際結婚は、当事者双方の国で、手続きが必要になります。
とにかく、国際結婚は手続きが煩雑で費用も時間もたくさん掛かるのです。

この投稿のトラックバックURL:

Facebookでコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

è