韓国人出会い情報navi

国際結婚をする上でのメリットとデメリット

国際結婚と一言でいっても、相手の国によってだいぶ違いますよね。
とりあえず、欧米系の国際結婚の場合で、考えたいと思います。
国際結婚の良い点のついて、考えてみました。
欧米系の方でまず、思い浮かぶのが、愛情表現が豊かだということです。
日本の男性は、言わなくても伝わると思いがちで、決して愛情を言葉で表さないという傾向がありますよね。
ですから、欧米系の方の直接的な表現を嬉しく思ってしまいます。
また、納得のいくまで話し合って理解してくれようと頑張ってくれます。
また、結婚すると、日本人は(釣った魚にエサはやらない)的に異性として見てくれないようになったり、特に子供が産まれると、家族の一員みたいになり、結婚前のやさしさや愛情が違うものになっていくような気がします。
ですが、欧米系の方は、聞くところによると、いつまでも、恋人同士のように思ってくれて、少しのことでも大げさに褒めてくれたり、こちらが、うざくなるくらいの愛情表現をしてくれるそうです
。もちろん、自分も相手の国の言葉を覚えようとして、習得できますし、かわいいハーフの子供もできますよね。相手の国に住みたい場合は永住権もすんなり取得できます。
色々、メリット、デメリットがありますが、どちらにも共通することは、結婚の根本、お互いが愛情と信頼関係を持つということですかね。
デメリットについて考えていきたいと思います。
結婚する前のデメリットは、結婚に至るまでの書類や手続きが面倒だということです。
法律も違いますし、集める書類にも時間とお金が掛かります。
それと、言葉ですよね。やはり、いくら頑張ってもネイティブのように完璧に理解したり話したりするのは、とても難しいです。
ですから、小さなことで気持ちが伝わらず苦労している方が多いようです。
また、当然、文化や習慣も国ぞれぞれです。日本で当たり前のことがそうでないということが多々ありますよね。
また、日本人はどちらかというと、なんでも我慢をして、相手にも気持ちをはっきり言わないことが多いですよね。
しかし、外国では、思ったことをはっきり言うので、びっくりするようなことを言われて、ショックを受けることが多いそうです。
習慣が違えば、食事も違います。国によっては、日本では普通に食べる食材も、宗教の関係で食べてはいけなかったり。
結婚後、里帰りしたり、親などが会いに来る場合も、莫大な費用がかかり、なかなか会えなかったり、寂しい思いをすることもあります。
まだまだたくさんデメリットはたくさんあると思いますが、このデメリットをカバーできるのはこの人と一緒なら大丈夫という精神ですね。

この投稿のトラックバックURL:

Facebookでコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

è