韓国人出会い情報navi

国際結婚の場合の戸籍と姓

国際結婚をして、日本の戸籍はどうなるでしょうか?
結論から言うと外国人と結婚しても日本国籍はのこるそうです。
外国人と結婚したからと言って日本国籍を失うことはなく、また、外国人の方もまた、日本人と結婚したからと言って、国によっては違うこともありますが、国籍は変わりません。
相手の国の法律にもよりますが相手国の国籍も取得できることもあるそうです。
仮に、日本人が相手の国の国籍を取得した場合は、日本では二重の国籍を認めていないので、日本国籍を放棄しなければならないということになります。
国籍は子供が産まれたら大きな問題になることがありますので、慎重に相手の方と相談をし、考えておかなければなりませんよね。
名前についてですが、日本名をそのままにする場合と変えてしまう場合とがあります。
まず、そのままにする場合は、特に届けなければそのままになります。
子供が産まれた場合に、外国姓で登録したとしても、子供の姓は戸籍上は日本姓になるそうです。
ですから、子供は2つの姓を持つことになりますね。
戸籍の姓を変える場合は日本の戸籍の姓は、婚姻成立後6か月以内なら家庭裁判所の許可を得ることなく外国人配偶者の姓に変更することができるそうです。
変更したい場合には総領事館に変更届をださなければいけないそうです。

この投稿のトラックバックURL:

Facebookでコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

è