韓国人出会い情報navi

在留資格認定証明書について

国際結婚をして、配偶者と日本で一緒に生活するためには、日本に入国をし生活するための資格を取得しなければなりません。
在留資格にはたくさんの種類があるということですが、「日本人の配偶者等」というものがあります。
ですから、書類をそろえて申請しなくてはいけません。
これは申請をしたからと言って必ず取得できるわけではないそうです。
日本人の配偶者等は日本での就労活動が何ら制限がないため、偽装結婚を装い、日本に入国してくる例が多数あるからだです。
ニュースなどでもたびたび耳にしますよね。
この手の案件のブローカーみたいのがいて知らないうちに自分の戸籍を使われて国際結婚していたみたいな。
女性結婚に至るまでの経緯などが疑わしい場合や、提出書に不備があったり、何か怪しいとおもわれる点がある場合は、まず、偽装結婚と疑われてしまうそうです。
申請の際は日本人の配偶者への質問書という書類があり、そこでは結婚に至った経緯などを説明し、この結婚が真正なものであり、継続されるか等、大変、重要なポイントになるそうです。
申請は事案によっては半年以上かかってしまう例もあるとのことです。
ですが本当に真正な国際結婚であれば、日本人と結婚して、日本に住むことを正当な理由なく妨げることはできないでしょう。

この投稿のトラックバックURL:

Facebookでコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

è